スキムボード専門通販サイト スキムサプライ(skim supply)

スキムサプライロゴ
お支払についてお支払について
配送とお届けについて配送/お届けについて
メールでのお問い合わせメールでお問い合わせ
電話でのお問い合わせ092-210-2088
(木〜日曜日|12:00〜18:00)
会員ログインログイン マイアカウントマイアカウント
こんにちはゲスト様
カートの中を見る
10,500円以上お買い上げで送料無料
rssフィードtwitteryoutubeflickr
商品検索

スキムボードはどうやって出来ている

簡単に言えばスキムボードはシェーパーと呼ばれるボードの形やデザインを作る人がフォームを削ってスキムボードの形にし、そのフォームを樹脂(レジン)とファイバーグラスで補強しています。
※各部位は下の略図をご参照下さい。

スキムボードを形成している材質は大きく分けてフォームレジンクロスの三つです。それにも関わらず、スキムボードのモデル名になっているCARBON、S−Glass、E-Glassといったクロスの名前だけをみてボードを選ばれている方も少なくないと思います。

このページではクロスだけでなくスキムボードメーカーカタログには書かれていない事が多いフォームや樹脂についてもご説明していきたいと思います。

スキムボードの断面図

フォーム

スキムボードに使用されているフォーム素材の代表的なものとして、スキムサプライで販売しているエクサイルスキムボードやその他のブランドのほぼ全てのハイエンドボードに使用されているPVCフォーム(塩化ビニールフォーム)と、低価格なスキムボードやサーフボードなどにもよく使用されている安価なPUフォーム(ポリウレタンフォーム)が挙げられます。

<PVCフォーム>
ハイエンドボードに多く使用されているPVCフォームの特徴としては軽量で、水を吸いにくい事が特徴です。
軽量であるが故に「表面積:重さ」により決まる浮力は同じ大きさのボードをPUフォームで作った場合と比べると大きくなります。
つまりPVCフォームで作られたボードはPUフォームで作られたボードに比べると浮力が大きい為、スピードが出やすく、遠くの波を狙えると言う事になります。
また、水を吸いにくいので、フォームが見えるほど大きな傷が出来てしまった場合でも、PUフォームのボードと比べてフォームを自体を乾かす必要が無いので短時間で修理することも可能です。
※PVCフォームはフォームの密度によってかなり価格が違います。フォームの密度が低くなると強度が大きく下がってしまい凹みやすく、折れやすいスキムボードが出来上がってしまいます。 メーカーによっては生産コストを下げる為に低密度のPVCフォームを使っている場合もありますが、スキムサプライで販売しているエクサイルスキムボードは高密度のPVCフォームを使って作られているので安心です。

<PUフォーム>
PUフォームを使っているスキムボードの唯一の魅力は価格が安いということです。それ以外にPVCフォームに勝っている点は無いので、ちゃんと長く使える。うまくなっても使えるスキムボードをお探しの場合はPVCフォームを使用しているボードを選ぶことをおすすめします。
※スキムサプライで取り扱っている商品の中にはPUフォームのボードはありません。


レジン(樹脂)

スキムボードに使用されている樹脂の代表的なものとしてエポキシレジン、ポリエステルレジン、ビニルエステルレジンが挙げられます。

これらの樹脂を強度の強い(割れにくい、削れにくい)順に挙げると
エポキシ>ビニルエステル>ポリエステルとなります。

接着力の強い順に挙げると
エポキシ>ビニルエステル>ポリエステルとなります。

固まるまでに要する時間が長くかかる順に挙げると
エポキシ>ビニルエステル>ポリエステルとなります。

そして最後に樹脂自体の価格が高い順に上げても
エポキシ>ビニルエステル>ポリエステルとなります。

つまり、エポキシレジンは強度的にも強くて接着強度も強いのでスキムボードには最適な素材であるものの、樹脂の固まるスピードがポリエステルやビニエステルに比べて遅く、樹脂自体の値段も高い為、材料原価と生産効率がネックとなってしまいます。

更に、エポキシレジンは樹脂と硬化剤の混合比が合っていないと固まりません。
分かりやすく樹脂を●硬化剤を▲とした場合、エポキシレジンの場合は●▲●▲●▲となっていないと固まりません。
一方、ポリエステルレジンの場合は混合比がアバウトに●▲▲●▲●●となっていてもとりあえず固まります。
つまり、樹脂自体の取扱もエポキシレジンの方がポリエステルレジンに比べて数段難しいと言うことになります。

しかしながら、材料原価と生産効率、樹脂の取扱の難しさはメーカー側の問題であって、小売価格に影響が出なければ、実際にスキムボードを楽しむスキムボーダーには関係の無い話です。

エポキシレジンは固まってからもしなやかです。一方ポリエステルレジンはしならないのでボードが硬くて脆く出来上がります。
また、ポリエステルレジンは分子レベルでは透水性がある為、長い期間使っていくうちに水や湿気を含んで化学変化が起き、ラミネート内に気泡が出来てボードがもろくなることもあります。
エポキシレジンは完全防水の為、そのような心配もまずありません。
※特にカーボンクロスは束ねている繊維が太く、接着しにくい材質なので、多くのカーボンクロスのメーカーはエポキシ樹脂の使用を推奨しています。


CARBON? S-GLASS? E-GLASS

スキムサプライで販売しているExile Skimboards(エクサイルスキムボード)やその他のブランドでも商品名・モデル名にCARBON、S-GLASS、E-GLASSと名前が付いている場合が多いですが、実際これは何の事かというとボードを補強する際に使われているファイバーグラスの名称です。(略図のレッドの部分)
それでは、ファイバーグラスが違えば何がどう違うかというと、ボードの硬さと耐久性、強度が変わります。
それぞれのファイバーグラスの詳細は以下をご覧ください。

<CARBON>
カーボンはスキムボードに限らず飛行機や船など軽くて硬く、強いことが求められる物を作る際に多く使用される最も優れた材質です。
カーボンはE-GLASSに比べて2倍以上硬くて強い材質です。 硬い素材である故に、カーボンを使用して作られたボードはしなりが少ないので、ボードの接水面がシェイパーが意図したロッカー通りに一定に保たれることで、波へのアプローチの際にも失速しにくいので、スピードを維持したまま波に到達することが出来ます。 また、しなりが少ない為、荷重がダイレクトにボードに伝わり、非常にクイックな動きをすることが出来ます。

スキムサプライで販売しているエクサイルスキムボードのカーボンボードはデッキ面、ボトム面どちらにもカーボンを使用しています。
カーボンクロス自体が非常に高価なものですので、生産コストを抑える為に片面しかカーボンを貼っていないのにもかかわらずCARBONスキムボードとして販売されているボードもあります。
片面にしかカーボンクロスが貼っていないボードはデッキ、ボトム面のたわみに大きく差が出る為、フォームとカーボンクロスが剥離する可能性も高い(エポキシレジンで無い場合はなおさら剥離の可能性が高くなります)上、カーボンスキムボードの存在理由の一つである「硬さ」が損なわれるので、本末転倒です。 スキムボード作りと物理学、コンポジットの特性の全てをわかっている上で制作されているスキムボードは必ずデッキ、ボトム両面にカーボンが貼ってあります。

<S-GLASS>
ファイバーグラスの一種でS-GLASSはE-GLASSに比べて15%硬くて30%強い材質です。 カーボン程硬くはありませんが、E-GLASSよりは硬いので、乗った感覚としてはボードがしなってから戻りが早く、バネがあるような感覚です。
E-GLASSのボードに比べてそれほど価格が上がるわけではないので、E-GLASSのご購入をお考えの方はお財布と相談の上S-GLASSにされてもいいと思います。

<E-GLASS>
E-GLASSはスキムボードやサーフボードに限らず色々なものの補強に使われているノーマルファイバーグラスです。
このE-GLASSの特徴はなんと言ってもコストパフォーマンスが高いということです。
E-GLASSは材質単体で比べるとCARBONやS-GLASSよりも強度が劣ってしまいますが、当店で販売しているExileスキムボードのE-GLASSはCARBON,S-GLASSに比べ少し多めに樹脂(レジン)を盛る事で強度を維持しています。(樹脂が多く使われている為、CARBONやS-GLASSのボードに比べると少し重たくなります)
E-GLASSで作られたボードは適度にしなる為、カーボンのボード程クイックに荷重がかからないので、バランスを崩しやすい初心者の方の初めてのボードや、中級者の方のレベルアップのためのボード、柔らかめのボードが好きな上級者用としても最適です。
最近ではあまり見かけませんがテキサリウムという素材のスキムボードが以前売られていましたが、テキサリウムはアルミを吹き付けたE-GLASSです。堅さや強度はE-GLASSとほぼ同じなのにカーボンと同等かそれより高い何とも微妙な高級材質です。
スキムサプライで取り扱っているエクサイルスキムボードではE-GLASSとRECRUITモデルに使用されているファイバーグラスです。


ホーム | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問い合わせ | 姉妹店 STEEEZ(スティーズ)

Copyright ©2007-2014 skimsupply All Right Reserved 画像及び文章等情報の無断使用は禁止します。
当サイト内の写真や文章等、一切のコンテンツの無断使用は禁止します。